金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

501〜550

御言葉メール509

投稿日:

御言葉メール509
2009年12月26日
「神が多くの子たちを栄光に導くのに、彼らの救いの創始者を、多くの苦しみを通して全うされたということは、万物の存在の目的であり、また原因でもある方として、ふさわしいことであったのです。」(ヘブル2の10)
人は苦しみに会わない様に願いながら生活しています。自分の罪と過ちの結果であったとしても、その苦しみにすら耐えられないのが人間なのではないでしょうか。
ところが万物と人間の創造者である神は、力の全ての源でありながら人間を救うために、人がほれぼれする力を使われる事はありませんでした。根源的な苦しみから人を救うためにされた事は、卑しい人と同じ姿をとり、人として苦しむという方法でした。私は聖書からこの事実を教えられて40年近くたちますが、年を経るごとに、自分とあまりに違う神の姿に圧倒されます。
罪をもつ人間が苦しむのは自業自得ですが、その自業自得の苦しみを持つ人間に何一つ要求する事をなさらない。ご自分を信頼する事以外は。私達の罪と永遠のために、私達人間が受ける罰を神ご自身が肩代わりされた。この神が愛です。

カテゴリー

-501〜550

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.