金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

501〜550

御言葉メール550

投稿日:

御言葉メール550
2010年10月2日
「あなたが私のそばに置かれたこの女が、あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです。」(創世記3の12)
最近、主人が読んでいる本の影響もあって、会話の中に、原因探し、犯人探しの話題がよく出てきます。問題が起こらない人生はありませんが、そこで人が取る態度は自分の正当化のための、原因と犯人探しではないでしょうか。
神がアダムに、「食べてはならないと命じた木の実を食べたのか」と聞かれると、アダムは、エバがくれたので食べた、とエバのせいにします。エバは蛇のせいにする。人間を造られた創造主なる神の言葉より、自分の見た目、感覚(食べるのに良く、目に慕わしく賢くする)に従った結果、それまでにはなかった、罪が入ってきました。
先ず、一番愛しあっているはずの夫婦関係で、「あの人が悪い」と指す、これこそ罪の結果でした。これ以後、人間関係の破綻が延々と続く事になります。この性質から誰一人逃れる事は出来ません。しかしキリストが預言通り歴史に登場され、自分には出来ない事を赦して下さったー人間関係の修復、築く事は犯人探しを赦される神を知り感謝する事から始まるでしょう。

カテゴリー

-501〜550

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.