金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

551〜600

御言葉メール555

投稿日:

御言葉メール555
2010年11月6日
「私は知っている。私を購う方は生きておられ、後の日に、ちりの上に立たれることを。」(ヨブ19の25)
私達の生活は、嫌なこと、不安なこと絶望することが度々、起こってきます。「神様を信じているのに何故」「神様は私の辛さをわかっておられるだろうか」と考えたりするでしょう。罪を赦し私達に最善をしてくださる方が神様だと知っているので、思いがけないことが起こった時、神様なぜですか、という訴えが出てきます。
どうかその訴えをもって真実な神に向かい続けられますように。それこそ主が与えて下さる恵みです。ヨブは主が恵み深い方であることを知っていました。自分がおかれた状況にも関わらず、主のしもべとしての立場にとどまり続けれたのは、先ず最初に主の恵みがあったからです。それでヨブは神にだけ答えを求め続ける事ができました。
神は、ヨブを御自身との契約関係に入れて下さり、交わりを持ってくださった。主は限りなく謙ってくださったのです。そういう恵みの中で、自分を購う方が生きておられることを、ヨブは確信します。苦難の中で主を呼び求める恵みは、私達を更に深く主を知る交わりへと導くでしょう。

カテゴリー

-551〜600

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.