金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

551〜600

御言葉メール568

投稿日:

御言葉メール568

2011年2月5日

「見よ。わたしはシオンに一つの石を礎として据える。これは、試みを経た石。堅く据えられた礎の、尊いかしら石。これを信じる者は、あわてることがない。」(イザヤ28の16)

かつて破壊と残忍を極めたアッシリアに対して、北イスラエルとアラムは反アッシリア同盟を結び、親アッシリア志向の南ユダを侵略します。南ユダはアッシリアに援助を求めますが、それを知ったイザヤはアッシリアとの同盟がどれほど危険かを、王や指導者に伝えるのです。

アッシリアにはユダを守るつもりなど毛頭なかった。外国の武力援助に頼って、国を興し滅ぼされる万軍の主を信頼しない王と指導者に、イザヤは堅く据えられた石に頼る様に勧めます。この石こそメシヤです。どのような傷も割れ目もない、重圧という試みを経た石に信頼する時、あわてないですむ。

たとえ敵の侵略、敗北があっても、この石に信頼する限り失望する事は無い、と。なぜなら凶暴なアッシリアも、神の御計画に用いられる国であり道具に過ぎません。アッシリアは滅ぼされました。私達が恐れるアッシリアは何なのでしょうか。メシア以上に強いアッシリアなど存在しないのです。

カテゴリー

-551〜600

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.