金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

551〜600

御言葉メール586

投稿日:

御言葉メール586

2011年6月18日

「しかし、主よ。今、あなたは私たちの父です。私たちは粘土で、あなたは私たちの陶器師です。私たちはみな、あなたの手で造られたものです。」(イザヤ64の8)

冒頭のイザヤの祈りは、イザヤ自身のことばを借りれば、奮い立ってすがりつく祈りの様に思えます。真剣に神の言葉に従おうとしている者をあざ笑い、押しのける。

もはや神を呼ぼうともしない、反逆のイスラエルの姿を知るイザヤは、それでも「しかし」と言って執り成すのです。あなたは私達の父ではありませんか。父であるなら、子どもが親に徹底的に反逆したとしても、見捨てられる事は無いはずです。父であるなら罪を赦されるはずではないか。神から捨てられ滅ぼされて当然である事は百も承知していながら、イザヤは祈るのです。

鍋谷堯爾師は、この様に祈れるのは、聖霊の働き以外には考えられない、と記しています。私達は自分や人を許せない、と思う時や、又どうにもならない状況に追いやられる事もあります。その時、どうか、神は私達を造られた父であり、キリストは完全に私達を赦す、と宣告されたみことばが聖霊によって、明らかに私達の心に示されますように。

カテゴリー

-551〜600

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.