金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

551〜600

御言葉メール587

投稿日:

御言葉メール587

2011年6月25日

「わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにおののく者だ。」(イザヤ66の2)

「へりくだる」、「心砕かれ」という言葉は、人格者、という言葉もある様に道徳的、倫理的に高い水準の人を思い浮かべるのではないでしょうか。そういう人が神様のお心を、知的にも経験的にも最もよくわかる、といわれるのです。私達はその様な人格者にならないと、神様を深く知り恵みに感謝する事は出来ないのでしょうか。

ある程度の努力は試みても、私など絶対無理という絶望感に襲われます。ところが聖書で言われている、へりくだりや心砕かれる状態は、私達が考えるものとは全く違います。謙りも心砕かれる事も、単なる倫理の用語ではなく、また人間関係をスムーズにする気遣いの一つでもない。

「打ちたたかれて絶望した状態、客観的にみじめな状況に置かれた者のもつ絶望感」(鍋谷堯爾)です。私は決してなりたくない状態です。しかしその時、人は神を心から呼び求める。そこに謙りがあります。一切の望みが絶ち切られたかの様に見える時、へりくだる者は希望を見出します。あなたの今の状況がそうであります様に。

カテゴリー

-551〜600

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.