金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

601-650

御言葉メール613

投稿日:

御言葉メール613

2011年12月31日

「聖霊に満たされていたステパノは、天を見つめ、神の栄光と、神の右に立っておられるイエスとを
見て・・・」(使徒行伝7の55)

私は最近、自分はどういう終わり方をするのだろうかと、しばしば考える様になりました。病死、事故死、信仰の迫害で死ぬ事は、私の様な信仰の弱い者にはないだろう、とか。いずれにしても死への恐れ、不安から守られる様に祈らされます。

冒頭のステパノは、イエスを救い主と認めない議会で説教しています。ユダヤ人の待ち望んでいた救い主がイエスであり、そのイエスが天において神の右に立っておられる、と話すステパノにユダヤ人議会は激しい憎悪と憎しみにかられ、怒りに歯ぎしりするのです。しかしステパノは、この絶体絶命の只中で天を見つめる。キリストを仰ぎ続けた生活は、最後の時までキリストを見続け、満ち足りていました。

ステパノは石で打ち殺されます。天を見つめる(キリストを信じる)生活は、人生の最期においても、自分の状態や状況の如何を問わず、神様の絶対的な守りの中に置かれているのだ、と私にも確信と安心を与えてくれます。来年も天を見つめつつ、人生の最期まで励ましあえます様に。

カテゴリー

-601-650

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.