金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

601-650

御言葉メール619

投稿日:

御言葉メール619

2012年2月11日

「真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ讃美の歌を歌っていると・・・」(使徒行伝16の25)

私達は、自分の人生で今が最悪だと思う時があるかもしれません。私も人からみたら、それほどでもない事であっても、自分では最悪だと思う時がありましたし、これからもあると思います。その時に一番辛い事は、最悪と考える環境以上に自分の状態が最悪だった事です。

神様を信頼できない自分を教えられ、みじめで平安がありません。パウロ達は福音宣教がきっかけで捕えられ、ムチで打たれ牢屋に入れられ足かせをつけられる。その中で彼らは弁解するでもなく嘆くでもなく、神に祈りつつ讃美していた、とあります。最悪の環境でありながら、パウロ達が神を礼拝するのを妨げるものは何もなかった。この記事は私を慰めます。

自分がどんな状態でも神様を信頼する事ができるのだと。自分にはできなくても「信頼させて下さい」と祈ればよいのだと。私達は問題や環境だけにいつしか心が奪われると、不安やみじめさに自分を追いやり、パウロの持っていた平安が理解できなくなります。神への信頼こそが、人が決して奪う事のできない平安へと導くでしょう。

カテゴリー

-601-650

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.