御言葉メール625

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール625

2012年3月24日

「律法の行いによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。」(ガラテヤ2の16)

ルターはビッテンベルク大学での第1回ガラテヤ書講義を終えてから、城教会の門に「95か条の論題」をはりだしたといわれます。それは具体的にはカトリック教会の免罪符販売に反対するものでしたが、その根底にはカトリックの善行による救い、の教えの非難がありました。

神に受け入れられるのは善行ではなくキリストへの信仰であることを理解したルターによって、宗教改革はもたらされました。パウロにしてもルターにしても、律法の行い、善行が大事だとする当時の一般的理解に対して(これは現在においても同じです)神の御心はそうではないと言い切った人達です。もし神に受け入れられるために人間の行いを評価していたなら、これほどの反対に会う事も戦う必要もなかった。

外見の言葉や態度、行為で高い評価を得て認められていても、神はそれで人を受け入れられない。現代に生きるキリスト者の私達の戦いはどういうところにあるでしょうか。人に対して社会に対して、今の自分の思いや行いはどうなのかを吟味しながら戦う所を見極めていけます様に。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール625関連ページ

御言葉メール650
御言葉メール650 2012年9月29日 「わたしは彼らの背信をいやし、喜んでこれを愛する。」(ホセア14の4 […]
御言葉メール649
御言葉メール649 2012年9月22日 「まことに、あなたがたに告げます。取税人や遊女たちのほうが、あなたが […]
御言葉メール648
御言葉メール648 2012年9月15日 「あなたがたはことばを用意して、主に立ち返り、そして言え。『すべての […]
御言葉メール647
御言葉メール647 2012年9月8日 「しかし、彼らは牧草を食べて、食べ飽きたとき彼らの心は高ぶり、わたしを […]
御言葉メール646
御言葉メール646 2012年9月1日 「わたしの心はわたしのうちで沸き返り、わたしはあわれみで胸が熱くなって […]
御言葉メール645
御言葉メール645 2012年8月25日 「彼らは、わたしに向かって、『私の神よ。私たちイスラエルは、あなたを […]
御言葉メール644
御言葉メール644 2012年8月18日 「わたしは誠実を喜ぶが、いけにえは喜ばない。全焼のいけにえより、むし […]
御言葉メール643
御言葉メール643 2012年8月11日 「さあ、主に立ち返ろう。主は私たちを引き裂いたが、また、いやし、私た […]
御言葉メール642
御言葉メール642 2012年8月4日 「主は私に仰せられた。『再び行って、夫に愛されていながら姦通している女 […]
御言葉メール641
御言葉メール641 2012年7月28日 「彼女に穀物と新しいぶどう酒と油とを与えた者、また、バアルのために使 […]