金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

601-650

御言葉メール630

投稿日:

御言葉メール630

2012年4月28日

「いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために・・・」(ルカ18の1)

以前、主人に、「信じて祈ってもきかれなかった」と言った時「なぜ途中で諦めるのか、信じて祈ったのなら最後まで信じ続けて祈ればいいだろう」と、半ばケンカ越しで言い合った事があります。その時、フト私は、そうだ、今自分の願い通りになっていないからといって、どうしてここで結論を出してしまっていたのだろう、と気づきました。

自分の願わない結果が目の前に在ったとしても、父なる神は、子どもがパンを求めるのに石を与える方では決してありません。私達が何を願っているか知っておられる神は、私達に一番必要なものが何であるかご存知なのです。神は愛と慈しみに富んでおられる真実な方です。人間の様に忘れたり、意地悪をしたりする神ではありません。神が与えられるもの、見せてくださるものは、だから私達にとって最善なのです。

それがわからない時も多くあります。しかし諦めないで失望しても祈り続ける時、みことばは確かに真実だと経験させていただけるでしょう。どうか私達が諦めないで絶望の中からも、祈り続ける事ができます様に。

カテゴリー

-601-650

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.