金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

601-650

御言葉メール632

投稿日:

御言葉メール632

2012年5月12日

「悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」(マタイ5の4)

明日(5月第二日曜日)は「母の日」です。一人のクリスチャン(アメリカ女性)の母に対する愛情から始まったこの日は、その国々の意味づけを持ちながらも、全世界に広まりました。私の母は亡くなりましたが、この母の日は、今、私がここに存在するルーツを思い返す日でもあります。

精神を患った母への思いは反感、恥ずかしさでしたが、それは私自身の不公平感や幸せ感を形成してきました。なぜ私の母だけおかしいのか、そういう母がいるから自分は不幸だ、と。何かがそろっていることが幸せ、しかしこれは結局自分の願いどおりの状態にならなければ、幸せではないと思う事でした。不幸の原因を人のせいにする状態はみじめで、それ以上に自分の存在意義を見失わせます。

その私をキリストがとらえて下さった。幸せは私達の外側(家族環境、健康、経済等)ではない、悲しみや辛さを持ちながらも、罪赦された心こそ幸いだと。病者に寄り添う心は、病気の理解と同時に自分の罪のひどさ、醜さに悲しみつつも赦しの恵みを経験しながら培われていくのではないかと思う、母の日です。

カテゴリー

-601-650

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.