金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

601-650

御言葉メール642

投稿日:

御言葉メール642

2012年8月4日

「主は私に仰せられた。『再び行って、夫に愛されていながら姦通している女を愛せよ。』」(ホセア3の1)

預言者ホセアは、不品行の女として知られるゴメルと結婚します。「ホセアは恐らく、…ゴメルをその不品行のうわさにもかかわらず愛しており、神がホセアにあなたが愛しているその不品行の女をめとれ、と命じられたと考え・・・」(新聖書注解抜粋)私には、ホセアとゴメルの結婚を考える時、この説明が一番自然に受け止められます。

しかし愛された妻ゴメルは、またもや他の男に走る。失意のどん底にあったホセアに、神はご自分の愛を示される。その頃、物質的に反映していたイスラエルは真の神を捨て、偶像に熱中し道徳的にも退廃していました。このイスラエルを神なる主は、なおも愛しておられるとの宣言にホセアは驚き感激します。

反逆のイスラエルに対する神の愛と命令に励まされて、自分を裏切った姦淫の妻ゴメルを多くの犠牲を払って連れ戻す。ホセアは自分の結婚生活を通して、神の愛を知り、神を無視する罪の裁きを語りながらも、神の愛がそこから回復させると宣言するのです。ホセアの様に、自分の愛や憎しみという全生活を通して神を知り、私たちの生活そのものが、神を表すものであることを深く心に留める事が出来ます様に。

カテゴリー

-601-650

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.