金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

601-650

御言葉メール643

投稿日:

御言葉メール643

2012年8月11日

「さあ、主に立ち返ろう。主は私たちを引き裂いたが、また、いやし、私たちを打ったが、また、包んでくださるからだ。」(ホセア6の1)

私は主に信頼する事を教えられていながら、先ず自分のやりたい事を優先して、周りに迷惑をかける事が多い者です。失敗の後、神を信頼していなかった自分自身に失望します。神の民イスラエルはまことの神を捨て、裏切り、バアル宗教に熱中します。

その結果は敗戦と侵略でした。悲惨な状態に投げ出されたイスラエルに預言者ホセアは語ります、主に立ち返ろう、と。ホセアは、姦淫の妻を受け入れるという自分の結婚生活を通して、神に逆らい尽くしどれほど罪に汚れた状態であろうと、神は赦し回復しいやされる方だと信じた預言者でした。イスラエルがどれほど神に逆らっても、悔い改めて主に帰るなら、ただそれだけで、神は癒される。

律法という生きる基準を与えられた神は、それを守り得ない人間に、常に赦し、癒しという回復を用意されている神であります。だから私達は、自分の罪と人の罪が交錯しながら、様々な苦しみや辛さや後悔の渦に巻き込まれても、なお回復されるのです。罪を赦される方がおられるからです。私達より先に私達の苦悩を知り、回復しようと待っておられる方が、私達の神なのですから。

カテゴリー

-601-650

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.