金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

601-650

御言葉メール647

投稿日:

御言葉メール647

2012年9月8日

「しかし、彼らは牧草を食べて、食べ飽きたとき彼らの心は高ぶり、わたしを忘れた。」(ホセア13の6)

イスラエルの王ダビデは、「主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。」と、神なる主を崇めています。目も弱く早く走る事もできない、武器も持たない羊は、羊飼いが草のある所、水のある所に連れて行かなければ、野獣に襲われるか餌が無くて死ぬしかありません。

主は羊を導く羊飼いの様に、目先の事しか考えれない私達をまことの平安と義の道に導かれる。私達の生活の全ては、この方によって満たされているのです。しかし私達はその事を知らないか、知っていても忘れてしまっている。神の事を考えなくても知らなくても一日一日が過ぎていく。困った事があれば、神を求める事から始めるのではなく、手っ取り早く解決できる道を探す。

そうして神を畏れない人間はへりくだる事ができず、高ぶりしかでてこない。神を忘れた結果です。しかし神は、忘恩で一方的に神を無視する人間を、赦し愛する事をやめられない。どうぞ、私達が静まってこの神の愛と赦しを深く思う事が出来ます様に。ダビデと共に、「主は私の羊飼い。」と、全ての必要は神からきていると告白できます様に。

カテゴリー

-601-650

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.