金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

651-700

御言葉メール671

投稿日:

御言葉メール671

2013年3月2日

「私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」(ローマ5の8)

私達人間が愛と呼ぶものは、一時的であったり、気分に流されたり衝動的であったり、自分に反感を持っている人を愛する事などとても難しい、そういうものではないでしょうか。

しかし神の愛はどうでしょう。「私たちが弱かったとき」「私たちがまだ罪人であったとき」「敵であった私たち」・・神に敵であると見なされていた時に、神は私達を救う計画を立て実行された。しかもそれは、神の御子を犠牲にする方法によってでした。更にこの計画は、世界の基の置かれるずっと前にたてられており、時間の始まる前から神は私達を永遠の愛で関心を持ってくださっていた。それは、一時的なものではなく、偶然のものでもなく、衝動的なものでもなく永遠です。

敵対する人間のために、御子キリストを殺す事によって、敵対する人間の罪を赦す計画。これが神の愛です。もし私達が神様によって教えられなければ、決して知る事も理解することもなかった愛です。人間のあらゆる敵対も無視も忘恩も、神の私達に対する愛を止める事はできませんでした。神は、私達と違って愛そのものの方だからです。

カテゴリー

-651-700

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.