金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

651-700

御言葉メール673

投稿日:

御言葉メール673

2013年3月16日

「そういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界にはいり、罪によって死がはいり、こうして死が全人類に広がったのと同様にーそれというのも全人類が罪を犯したからです。」(ローマ5の12)

罪はー体どこからきたのか。人はどうして死ぬのか。聖書を信じない多くの人は、人間は完全ではなく、動物から進化して今の様な形になり現在も進化し続けている、と考えます。

特に人間は大脳(脳の中でも最も高等な部分)が、他の動物以上に発達してきた。確かにまだ動物的な所はあっても、それは罪ではなく、人間の内にある善い物が十分に発達していないだけだと。また死は、誕生し成熟し衰えて死を迎えるという生命のしくみの一つだと説明されるのが一般的かもしれません。しかし聖書は、罪についてはっきりとその存在を示し、その罪の結果が死である事を伝えます。

罪は単に、人間が十分成長していない状態とか資質ではない、と。一人の人、アダムの神への反逆によって罪は世界に入り、そのために死が入った。人類の代表であるアダムの行為は、この世界を神ではなく罪が支配する世界に変えてしまった。そういう事など全く気付かないで生きていた私達はキリストを知って初めて、自分の罪や永遠に滅びる者であった事を知る事ができたのです。

カテゴリー

-651-700

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.