御言葉メール677

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール677

2013年4月13日

「・・・神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。」(へブル12の7)

2回にわたって私達は、かつて私を罪人と指定したのが神であったのと同じく、私を義人と指定したのも神である、という事をみてきました。神が私達を義人と宣言された以上、私達の救いは自分や人の思いや行いによって変わる事は決してありません。

しかし或る人は問われるかもしれない。「明日、私が罪を犯したらどうなるのか」と。それでもなお義人です。神様の前における私達の立場が変わる事はありません。それでは義人と見なされて、なお犯す罪はどの様に考えたらよいのでしょうか。キリストにある私達は、今や神の子供であり神の家族です。その立場にあるキリスト者が罪を犯す時には、犯罪人が犯す罪ではなく、子供として犯す過ちであり失敗です。

即ち、神の子供として家族の関係の中で失敗をしたのです。子どもは多く失敗をし間違いを犯しますが、それで親子関係がなくなるという事が無い様に、罪を犯しても、つまらない者であっても、私達は神の子であり義人です。キリスト者が合う全ての事は、子として扱われる父なる神による、と知る時、恐怖ではなく悔い改めと感謝がついてくるのではないでしょうか。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール677関連ページ

御言葉メール700
御言葉メール700 2013年10月19日 「あなたこそ、私の主。私の幸いは、あなたのほかにはありません。」( […]
御言葉メール699
御言葉メール699 2013年10月12日 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになるのですか。」 […]
御言葉メール698
御言葉メール698 2013年10月5日 「主よ。お救いください。」(詩篇12の1) 私は振り返れば、「主よ、 […]
御言葉メール697
御言葉メール697 2013年9月28日 「主に私は身を避ける。」(詩篇11の1) 日本において福音派のクリス […]
御言葉メール696
御言葉メール696 2013年9月21日 「主は、あわれみ深く、情け深い。怒るのにおそく、恵み豊かである。」( […]
御言葉メール695
御言葉メール695 2013年9月15日 「私はゆるぐことがなく、代々にわたって、わざわいに会わない。」(詩篇 […]
御言葉メール694
御言葉メール694 2013年8月24日 「御名を知る者はあなたにより頼みます。主よ。あなたはあなたを尋ね求め […]
御言葉メール693
御言葉メール693 2013年8月17日 「あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに […]
御言葉メール692
御言葉メール692 2013年8月10日 「私の神、主よ。私はあなたのもとに身を避けました。どうか、追い迫るす […]
御言葉メール691
御言葉メール691 2013年8月3日 「主よ。御怒りで私を責めないでください。激しい憤りで私を懲らしめないで […]