金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

651-700

御言葉メール680

投稿日:

御言葉メール680

2013年5月11日

「恵みが増し加わるために、私たちは罪の中にとどまるべきでしょうか。」(ローマ6の1)

「罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれた」この言葉を聞いて、私達人間が先ず思い浮かび考える事は何でしょうか。多分、こういう事だと思います。それでは罪を犯し続ける事が、神の恵みを更に知る事になるのでしょうか。

神の恵みについて、これほどまでに思い切った言い方をしたパウロは、それが誤解される危険を十分承知していました。神の救いは、私達人間の行いに全く関係なく、ただどんなに悪い者であっても、イエスキリストが成して下さった業によってのみ、人は救われる。この恵みは罪が増し加わるところに満ち溢れる、と言われる時、それでは好き勝手に生きていいのだ、と理解する人は必ず出てくるでしょう。

それに対してパウロは、「絶対にそんなことはありません」と、きっぱりと否定します。なぜならキリスト者は、罪に対して死んだからです。私達が置かれている立場は、罪が支配する以前の立場ではありません。キリストによって義とされた恵みの支配下にあります。私達はこの事を信じているでしょうか。私達の感情や経験が時としてこの事を信じれない誘惑に陥ったとしても、私達が置かれている立場が変わる事は決してありません。

カテゴリー

-651-700

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.