御言葉メール691

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール691

2013年8月3日

「主よ。御怒りで私を責めないでください。激しい憤りで私を懲らしめないでください。主よ。私をあわれんでください。」(詩篇6の1,2

私達は、罪を犯したり失敗した時、また思いがけない苦しみが襲ってきた時、どの様な思いをもつでしょうか。私は神様を信じる前は、罰だ、とか、あんな事をしたから当然の報いだとか考えていました。自分に対しても人に対してもです。でもそこには後悔と苦々しい思いしかありません。詩篇6編の作者は、長い病気で苦しんでいました。当時ユダヤ社会では、病気は神の懲らしめと考えられていました。自分が神の懲らしめをうけても仕方のない者だと認めていた作者は、自分によい所は何もないので、ただただ神の哀れみにすがります。自分の罪に応じた取扱いをしないで欲しいと。悪者達は作者をあざけり、病気によって絶望し滅びる事を願いますが、彼は身体を支える骨が崩壊する様な苦しい状態の中で、なおも神に向かうのです。病気の回復以上に神との交わりの確認を求める作者は、神からの病気なら神が必ず答えられると、どこまでも神に向かう。自分の罪の苦しみ、病、他者のあざけりという不安の中で神に向かう。罰や因果応報のある所で赦しの神に向かう時、どこにもない満ち足りた交わりに驚くでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール691関連ページ

御言葉メール700
御言葉メール700 2013年10月19日 「あなたこそ、私の主。私の幸いは、あなたのほかにはありません。」( […]
御言葉メール699
御言葉メール699 2013年10月12日 「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになるのですか。」 […]
御言葉メール698
御言葉メール698 2013年10月5日 「主よ。お救いください。」(詩篇12の1) 私は振り返れば、「主よ、 […]
御言葉メール697
御言葉メール697 2013年9月28日 「主に私は身を避ける。」(詩篇11の1) 日本において福音派のクリス […]
御言葉メール696
御言葉メール696 2013年9月21日 「主は、あわれみ深く、情け深い。怒るのにおそく、恵み豊かである。」( […]
御言葉メール695
御言葉メール695 2013年9月15日 「私はゆるぐことがなく、代々にわたって、わざわいに会わない。」(詩篇 […]
御言葉メール694
御言葉メール694 2013年8月24日 「御名を知る者はあなたにより頼みます。主よ。あなたはあなたを尋ね求め […]
御言葉メール693
御言葉メール693 2013年8月17日 「あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに […]
御言葉メール692
御言葉メール692 2013年8月10日 「私の神、主よ。私はあなたのもとに身を避けました。どうか、追い迫るす […]
御言葉メール690
御言葉メール690 2013年7月27日 「主よ。私を待ち伏せている者がおりますから、あなたの義によって私を導 […]