5.神は家族共同体の救いをめざす

[`evernote` not found]
LINEで送る

5.神は家族共同体の救いをめざす


[聖書と精神医療2000年夏号より抜粋]





 著者はクリスチャン医師として家族の危機を乗り越えることについて、五つほど上げて説明しております。以下その内容を抜粋してお知らせいたします。

【機能不全家族と言う言葉がある。父や母が子を責め、夫婦同士が責任を転嫁しあったり、お互いに共依存状態に陥ったりする。又、親子間の基本的信頼関係が失われてしまう。家族の中に、非行や心の病気、依存症などと言った既往症(キオウショウ)を持つ人が存在することも、こうした機能不全家族の特徴の一つである。家族は一つのシステムだ。誰か一人の”病理“を取り上げ、悪者を作り上げ、その人を批難したり排除したからといって、究極的な解釈には至らない。家族危機を乗り越える為には、家族共同体全体が救済されると言う包括的、統合的、全体的な視点が必要とされる。このような考え方を指示する聖書的背景について触れておきたい。



 この点について示唆的なのは、まず第一に、アブラハムがソドムの救いについて神との間で交わした問答である。勿論ここでは、イスラエル民族全体の救済という事が問題になっているが、民族や、国家、社会を構成する最小単位は家族であるから、家族共同体の救済というものを考える際にも、次の記事は大変参考になる。主は、「ソドムとゴモラの叫びは非常に大きく、また彼らの罪はきわめて重い。」(創十八:二〇)と言われた。これに対してアブラハムは、「もしや、その町の中に五十人の正しい者がいるかもしれません。ほんとうに滅ぼしてしまわれるのですか。」(創十八:二四)と問う。これに対して主は「もしソドムで、わたしが五十人の正しい者を町の中に見つけたら、その人たちのために、その町全部を赦そう。」(創十八:二六)と答えられる。アブラハムは、神との問答を繰り返す中で、「正しい者」の数を段々と切り下げてゆき、「もしやそこに十人見つかるかもしれません。」と主に迫る。そうすると、主は、「滅ぼすまい。その十人のために。」(創十八:三二)と述べられる。つまり、例え、どんなに少数であっても、ソドムの為に、とりなす正しい者がいれば、ソドムの町は滅ぼさないと神は言われる。



 この箇所は、私たちに個と共同体の中の“悪者“を探し出したり、作り出すのではなく、家族構成員の健康な側面に焦点を当てることなのである。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

5.神は家族共同体の救いをめざす関連ページ

4.聖書と精神医療2000年夏号より
4.聖書と精神医療2000年夏号より   □家族危機の現実と聖書  旧約聖書を読むと親子関係や夫婦関係について […]
3.スピリチュアルケアの重要性
3.スピリチュアルケアの重要性  赦しのない因果論的発想に基づく援助は、病んでいる者とその家族を更に苦しめ、傷 […]
2.家族の癒しをどうとらえるか
2.家族の癒しをどうとらえるか  家族の癒しというものを考えるにあたって、癒しの目的である健康とはどのような状 […]
1.家族内での悪者探しについての問題
1.家族内での悪者探しについての問題  「現代の日本では、家族機能が崩壊しつつあるという指摘が多い。事実、不登 […]