金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1077

投稿日:

御言葉メール1077

2021年5月8日

「外には戦いが、内には恐れがありました。しかし、気落ちした者を慰めてくださる神は、テトスが来たことで私たちを慰めてくださいました。」第2コリント7の5,6

外には戦い、内には恐れがあるーこの様な状況は伝道者パウロでなくても、その年齢年齢において経験することがあると思います。パウロは、自ら開拓したコリント教会で、様々な問題が起こり、福音を語ったパウロ自身が批判されていました。そういう中で、パウロはコリント第1の手紙と第2の手紙の間に、もう一つ手紙を書きました。

しかしその手紙は、かなり厳しいもので、コリント人達を一時的にであれ悲しませてしまった。それを知ったパウロも、その時は悔いて嘆いたようです。しかし神はそのパウロを、コリント教会に派遣していたテトスの報告で慰めてくださった。彼らは悲しんで悔い改めた、のです。

自分が考えて成した事が決して間違っていたわけではない、と確信していても、その方法でよかったか、という自問自答の中で自己吟味することが、私達にもあると思います。それが良かった場合でも悪かった場合でも、神は、あらゆる事を通して慰めと励ましを与えられる。私達の生活においても必ずこの様な経験が与えられるでしょう。 

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.