金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1081

投稿日:

御言葉メール1081

2021年6月12日


「一人ひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は、喜んで与える人を愛してくださるのです。」第2コリント9の7

この箇所は、よく什一献金の袋などに書かれているみことばで、献金がどういうものであるかを教えるみことばの一つです。献金は礼拝のプログラムの一つで、献金を通して神に自分をささげる行為です。ですから神だけを意識することが大切であり、他の人がどれだけしているかを考えて、自分の額を決めるべきでない事は明白です。

ですから、献金のお金が多ければ多いだけご利益がある、という考えとは全く違います。金額が多いか少ないかではなく、お金を捧げるその心が一番、問題にされています。決して強制的に不本意ながらするものでは勿論ない。

献金をしたら自分の手持ちのお金が減ったり、損失になるのでは、と私達は考えてしまいます。しかしパウロは、私達が信じる神がどの様な方なのかを教える。
「神はあなたがたに、あらゆる恵みをあふれるばかりに与えることがおできになります。あなたがたが、いつもすべてのことに満ち足りて、すべての良いわざにあふれるようになるためです。」(9の8)捧げる事は失う事ではなく、神の祝福を得るという。主よ、満ち足りる恵みを求める者とさせてください。

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.