金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1111

投稿日:

御言葉メール1111

2022年1月15日

「サウルは、サムエルがいることになっている例祭まで、七日間待ったが、サムエルはギルガルに来なかった。それで、兵たちはサウルから離れて散って行こうとした。」第1サムエル13の8

私は、当てにしていた人の助けやお金が入らないと分かると動揺し、どうしてよいかわからなくなります。祈りながら神様に信頼して待つというより、祈る姿勢はとりながらも、何とか手だてはないかと、焦って神に期待できなくなる。

サウルは自分のわずかな兵士に対して、砂のように多い敵の兵士や戦車を前にして、ただ頼みはサムエルの到着でした。サムエルが来て、いけにえを捧げ祈ってくれれば、圧倒的な力の差など問題ではない。しかし約束の期間が過ぎてもサムエルは来ない。サウルの兵士は、サムエルが来ないので、逃げ出そうとします。

焦ったサウルは、サムエルがささげるはずのいけにえを自分で捧げてしまいます。サウルが捧げ終わった時にやってきたサムエルは「あなたは何という事をしたのか」と、サウルを叱責するのです。

サウルの言い分もあるでしょうが、やはりここで教えられる事は、サムエルが来ても来なくても、サウルは王として先ず自分で、神に尋ね求めるべきだったのではないでしょうか。サムエルがくれば大丈夫ではなくて、自分で神に頼り祈る。焦りや不安の中で、神に期待し続ける。サウルだけではなく私自身の課題でもあります。

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.