金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1130

投稿日:

御言葉メール112

2022年6月4日

「それはからし種のようなものです。地に蒔かれるときは、地の上のどんな種より小さいのですが、蒔かれると、成長してどんな野菜よりも大きくなり、大きな枝を張って、その陰に空の鳥が巣を作れるほどになります。」(マルコの福音書4章31-32節)

マルコの福音書は4つの福音書の中で最もコンパクトなもので、この4章にイエスがガリラヤ湖畔で語られた教えの中の3つのたとえがまとめられている。
これらは神の国を表すもので、3つとも種がモチーフとなっている。

これらによると種はみことば(14節)。みことばの種は、人手によって蒔かれる(3、14、26節)。しかし、種は人知れず芽を出し育ち実を結ぶ(27-28節)。
「成長させたのは神です。」(Ⅰコリント人への手紙3章6節)

そして上記のたとえは、みことばの広がりを示している。
ユダヤの辺境のガリラヤ地方から、ユダヤ一帯、アジア、ヨーロッパへと広まり、そして全世界へ。福音は確かに時代を経て全世界に広まり、多くの人を救いに導き、その生き方を変え、社会を変貌させ、歴史を作ってきた。

私たちはみことばの種を蒔く。まだ救われていない友や家族に、また教会を通して地域の人々に福音を伝える。
時に拒否され、無視され、あるいは適当にあしらわれる。種蒔きのたとえ(3-20節)にあるように聞く側の問題もある。タイミングもあるかもしれない。もちろん語る側の不十分さは言うまでもない。
しかし、みことばの力と、成長させてくださる神に期待しつつ、この働きを続けたい。

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.