金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

たねまき1〜6

たねまき2 エホバの証人へのアプローチ エホバの証人とは避けたいテーマ

更新日:

たねまき Vol.2


ワンポイントレッスン

「エホバの証人へのアプローチ 2 」

<エホバの証人とは避けたいテーマ> 






 私たちは、「エホバの証人はキリスト教の異端である」というだけの認識では足りません。教理の違いだけではなく、マインドコントロールと言う宗教の形態を見なければなりません。つまりマインドコントロールをしているカルト集団なのです。クリスチャンは、エホバの証人を「異端」としてとらえて教理論争としているので、いくら証をしても、どこまで行っても、平行線と言う無駄な結果に終わります。そのため下記の3つについては注意をしましょう。



 エホバの証人と話さないほうがよいテーマの一つ目は、「三位一体」についてです。クリスチャンでも「三位一体」について、納得して説明できる人はいません。信じているものたちが一応理解するためのものなので、信じていないエホバの証人は納得ではなく、攻撃をしてきます。クリスチャンは弁明した喜びはあっても、エホバの証人に効果はありません。



 二つ目に話さないほうがよいテーマは、「地獄」についてです。クリスチャンは、「地獄」の存在を信じていますが、この話題に喜びはでてきません。エホバの証人は、愛の神が「地獄」を造るはずがないと思っているので、「地獄」があるといっても聞きたがりませんし、これも効果がありません。



 三番目に話さないほうがよいテーマは、「霊魂不滅」についてです。クリスチャンは、永遠に魂が続くことを信じますが、エホバの証人は「人は死んだら魂はおしまい」と思っています。旧約聖書の中には、魂は死んだらおしまいかと思えるような言葉が2、3箇所あります。もちろん聖書を学んで論争したら、クリスチャンは勝ちますが、それで異端と断定されても、改める人はまずいません。結局、議論で勝っても、エホバの証人を説得できないのです。

「エホバの証人からキリストへ」        

エホバの証人セミナー 講師 中沢啓介 師

カテゴリー

-たねまき1〜6

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.