金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

351〜400

御言葉メール355

投稿日:

御言葉メール355
2008年1月19日
「イスラエルの王、主は、あなたのただ中におられる。あなたはもう、わざわいを恐れない。」(ゼパニヤ3の15)
「わざわい」は無くなることはないでしょう。しかしその災いは私たちに、何の危害も加えることはできません。神様を信じる者の中にはキリストがおられるからです。自分は災いに立ち向かうことができなくても、キリストが私達の前に立ちはだかっておられます。
キリストが私達のただ中におられるので、私達が遭うすべての事柄をキリストにお任せすることが出来ます。私達に危害を加えるのは災いではなく、キリストを信頼できない心が、自分を傷つけるのではないでしょうか。災いにあったとき、呪われている、何かのたたりだ、自分のした事の罰だとか、また、あの人のせいだ、この環境が悪い、と、自分と人を責めます。その様な思いはしばしば起こるでしょう。
その様にして私達は何と多く自分を傷つけ、人を苦しめてきた事でしょうか。しかし今、キリストが私達の中におられるので、「それでもなお、主は私に対して最善をなしておられる」と、自分に教える事が出来ます。どの様な災いの時も愛と赦しの神が居られるなら、そこは最善なのです。

カテゴリー

-351〜400

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.