金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

551〜600

御言葉メール564

投稿日:

御言葉メール564
2011年1月8日
「鼻で息をする人間をたよりにするな。そんな者に、何の値うちがあろうか。」(イザヤ2の22)
ある方に「苦しく辛い時だけ神様に信頼してもよいのか」と尋ねられた事があります。神様がどういうお方かわからないその人にとっては、当然な質問でした。神を信じる前は、自分か他者の誰かを信じようとして生きています。
この事柄は自分で処理し、あの事はあの人に信頼して、そして自分も人も手に負えない事は神様にお願いする。イザヤを通して神様は、鼻で息をする人間を頼りにするな、と言われる。人間にいのちの息を吹き入れられた方は、私達が生きるために必要なことごとくを満たしてくださる。自分で出来ると思っている事も、人がしてくれる事でも、私達を支える神様の恵みのお働きによります。
ですからそれは神様に感謝しましょう。人の生存の全ては神様にかかっているのを知ることで、人に頼るところと神様に信頼するところを区別 しなくてすみます。神様は私達がどんな小さな事でも人生の一大事でも、頼っていくのを待ってくださっている。私達の平安と生きる目的は、神様だけを信頼することにかかっています。

カテゴリー

-551〜600

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.