金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

601-650

御言葉メール617

投稿日:

御言葉メール617

2012年1月28日

「聖霊と私たちは、次のぜひ必要な事のほかは、あなたがたにその上、どんな重荷も負わせないことを決めました。」(使徒行伝15の28)

現在、私達は、救いは信仰のみによる、という教理を当たり前の事として信じ伝えています。しかしこの聖書の教えが確立していくために、教会会議における論争が必要でした。キリストを信じる信仰のみによって多くの異邦人が救われました。

ところがユダヤ人クリスチャンのある人達が、異邦人も割礼を受けなければ救われない、と言い出したのです。パウロ達異邦人伝道者は、この割礼を説く人達と激しい対立と論争を起こし、やがてエルサレム教会において論議される事になる。エルサレム会議の始まりです。この会議において、ユダヤ人も異邦人も区別なく神の恵みによって救われる、だから異邦人に割礼などを強制してはならない事。

しかし長い伝統の中に生きているユダヤ人に配慮すること。これらの決定にあたって教会は、「聖霊と私たち」が決めた、と宣言します。教会会議を導かれるのは聖霊です。主の御心を求めながら、教会会議でお互いが意見を言い合える時、一人一人が聖霊の導きを覚える事が出来ます様に。

カテゴリー

-601-650

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.