金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

701-750

御言葉メール727

投稿日:

御言葉メール727

2014年4月26日(記:マハー満枝)

「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。」(ペテロ第一5章7節)

神様がモーセを召し出す、という有名な記事があります。長い間の沈黙を破り、今や立ち上がってイスラエルの民を救出するという時、神様はモーセをそのリーダーとして選ばれました。神様はいつの時代でも、どこにおいても、人を用いなさいます。神様お一人で全てなす事も可能であったでしょうに...。

 しかしそのモーセは、選ばれるにふさわしい、優れた立派な人物だったのでしょうか?少なくともこの3章から4章にかけてのモーセを見る時、誰もそうは思いません。神様が召し、任務を与え、命じられている時、彼はその都度5回も神様に対して「口答え」(英語では “excuse”)をしています。私が神様の立場だったら、きっと2回目くらいで「もういい!誰か他の人にするから。」と、さじを投げたことでしょう。

 神様は実に忍耐深いお方です。私たちは何度言ってもわからない、罪深い、弱い者ですが、「もういい!」と言って私たちを放り出すことはなさいません。「自分の事は自分が一番良く知っている」と私たちは言いますが、それは正しいでしょうか?全ての事をご存じの神様は、私たちの益のために様々な試練、訓練、また喜びも与えて下さいます。静まって素直に「主よ、感謝します。今私のすべき事を教えて下さい。」と祈りましょう。

カテゴリー

-701-750

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.