金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール882

投稿日:

御言葉メール882

2017年5月9日(記:辻嵐桂子)

「初めに、神が天と地を創造した。」(創世記1章1節)

これは、聖書の最初の書簡の、冒頭の言葉である。聖書は先ず、この宣言から始まる。

この世界はどのようにして出来たのか。
人は宇宙や人類の起源について様々な考察をし、仮説を立て、それを説明しようと努めてきた。だが確かなことは誰にもわからない。
世界は、成るべくして成ったのか。或いは、偶然に出来たのか。

聖書は、それが神の創造に由来すると明記している。天と地、即ちこの世界のすべてのものは、神によって創造されたと。
初めにとは文字通り、まだ何も存在しない一番初めに、ということである。
無から有を造り出し、すべてのものを意図を持って形作り、制御する神が、聖書の神である。
これは啓示によってわかるのであって、誰も証明することは出来ない。ただこの聖書の権威を、認めるか否かである。

この権威を認めるか否かで、私たちの世界観や価値観は大きく変わる。
もし世界が偶然出来たのなら、私たちの存在や行動は、何の意味を持つのだろう。
だが神がこの世界を造られたという事実は、すべての存在と現象に、理由を与えてくれる。そして私たちの生き方に、指針を与えてくれるのである。

「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。」(伝道者の書12章1節)

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.