金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール956

投稿日:

御言葉メール956

2018年11月25日(記:辻嵐桂子)

さて、私たちには、もろもろの天を通られた、神の子イエスという偉大な大祭司がおられるのですから、信仰の告白を堅く保とうではありませんか。(ヘブル人への手紙4章14節)

旧約聖書では、神と人間との間を仲介する大祭司の規定が律法に定められている。
その職務はアロンの子孫に代々受け継がれ、大祭司は民を代表して贖罪の儀式を執り行った。

ヘブル人への手紙の著者は、いよいよここから、この旧約聖書の記述を背景に、ご自身を贖罪のいけにえとしてささげ、神と私たちの間を仲介したイエス・キリストを、アロンの家系に勝る偉大な大祭司として論述していく。

上記の箇所では、アロン系の大祭司が様々な垂れ幕を通りーとりわけ年に一度、聖所と至聖所を隔てる垂れ幕を通り(レビ記16章参照)ー贖罪の儀式を行うことと対比させ、私たちの大祭司は、もろもろの天を通られたと述べている。
これはイエスが、十字架の死と復活を経て、まことの聖所である天、すなわち神の臨在の御前にまで通って行かれるということである。

ですから、たとえ試練の中にあっても(著者は読者を励まし、また私たちに語る)、信仰の告白を固く保とうではありませんかと言う。
このイエスによって、私たちの罪は完全に贖われ、イエスを介して、私たちは神の御前に祈りを携え、いつでも近づくことができるのである。

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.