金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

未分類

御言葉メール969

投稿日:

御言葉メール969

2019年3月2日(記:斉藤文子)

「しかし主よ あなたこそ 私の周りを囲む盾 私の栄光 私の頭を上げる方。私は声をあげて主を呼び求める。すると 主はその聖なる山から私に答えてくださる。私は身を横たえて眠り また目を覚ます。主が私を支えてくださるから。」詩篇3の3~5

この詩篇はダビデ王が、息子アブシャロムの謀反という危機の中で、神への信頼を告白した祈りの歌です。多くの者がアブシャロムに加わってダビデの敵になっていく時、ダビデはいつもそうしていた様に繰り返し主を叫び求めた。そうすると神は答えてくださる。その確信は、迫りつつある危機の不安の中でダビデを安らかに眠らせたのです。そうして朝、目覚める。敵に囲まれ寝れなくても当然の状況で寝て起きる。朝、自分の状況は全く変わっていないにも関わらず、神への感謝がある。

こういう体験の積み重ねは、ますます神が自分を守られるのだ、というダビデの強い確信と信頼になっていくでしょう。私達が聖書のことばによって神を信じる時、祈りは神を覚える一番身近なものです。それは神が私にとってどういう方であるか、聖書のことばを個人的に体験させてくれるでしょう。

私はダビデの祈りを読みながら、自分は何と幸いな人生をおくっているのだろうか、と思わずにはおれません。様々な願い、呻き、罪の悔い改めをもって、神に訴え神にすがる事ができる、また神に心から感謝をささげる事ができる。赦しの神がいつも共にいてくださり交わることができる恵みに、共に満たされていきます様に。

カテゴリー

-未分類

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.