金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール994

投稿日:

御言葉メール994

2019年9月23日(記:辻嵐桂子)

エジプトの地を出て二年目の第二の月の一日に、主は、シナイの荒野の会見の天幕でモーセに告げられた。『イスラエルの全会衆を、氏族ごと、一族ごとに調べ、すべての男子を一人ひとり名を数えて、その頭数を調べよ。(民数記1章1-2節)

旧約聖書の最初の五書(創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記)をモーセ五書と言い、これらは律法に区分される。
創世記は、イスラエルがエジプトに移住するまでの歴史を描き、律法は、イスラエルの民がエジプトを脱出する際、神によって与えられた(出エジプト記、レビ記)。
申命記は、イスラエルの民がいよいよ約束の地カナンに入る際、神がもう一度律法(神との契約と掟)を繰り返したものである。

この間、なんと40年もの時間的隔たりがある。
民数記は、約40年の間イスラエルの民が、シナイ半島を旅した記録である。
そしてこの書の名称は、神によって命じられた(上記)2回の人口調査に由来する。
衝撃的なことに、第一回人口調査(1-4章)で数えられた民のほとんどが、不信の故にシナイの荒野で死に絶え、第二回人口調査(26章)で数えられたのは、ただ二人を除いてすべて、第二世代の者たちであった。
彼らの40年の荒野の旅は、今も多くの教訓を私たちに与えてくれるのである。

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.