金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1008

投稿日:

御言葉メール1008

2020年1月8日(記:辻嵐桂子)

あなたのみことばは、私の足のともしび
私の道の光です。(詩篇119篇105節)

この詩篇は、いろは歌のようなアルファベット詩篇となっていて、テーマは神の御言葉(律法)への親しみとでも言おうか。
作者はこの176節もある最長の詩篇の中で、神の御言葉が私たちに与えるあらゆる益を、様々な言葉で述べている。

特に上記の御言葉は有名である。
足のともしびと聞くと、暗闇を照らす小さな灯りを私は思い浮かべるのである。

家の近所に盲学校があって、よく白杖をついて歩く人を目にする。
彼らは自分たちが進む先に段差や突起物、あるいは溝などないか、杖で探りながら一歩一歩足を進める。
そうやって危険を回避しながら、目印(点字板など)をたどり目的地に到着する。

暗い道を進む時も同様である。足元を照らしながら、危険がないか確認し、先行く道をたどるしかない。

私たちは人生において、いつでも先が見通せるわけではない。
解決の糸口が掴めず、お先真っ暗、自分がどこに向かっているのかわからない、といった状況に陥る時もあるのである。
それでも、足元を照らす灯火があれば、歩くことができる。少なくとも、穴に堕ちることはない。

神の御言葉は道を照らす光である。
先がはっきり見えなくても、神の御言葉に従い、一日一日生きて行くなら、その御言葉は、私たちを守り、やがて確かな大路へと導いてくれるに違いない。

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.