金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1087

投稿日:

御言葉メール1087

2021年7月24日

「ですから私は、キリストのゆえに、弱さ、侮辱、苦悩、迫害、困難を喜んでいます。というのは、私が弱い時にこそ、私は強いからです。」第Ⅱコリント12の10

 

パウロは、自分の弱さ、苦悩、自分に対する侮辱、迫害、困難を喜んでいるという。そういう状態になった時に、もろ手をあげて喜ぶという事ではないかもしれません。その一つ一つは苦しくても、そこでキリストの慰めを覚える事が出来る。辛い状況も、それだからこそキリストを求め、キリストとの豊かな交わりは、パウロにとって、この世では決して味わう事のない喜びだったのでしょう。

 

そうしてパウロは、自分が弱い時にこそ自分は強い、と断言する。その強さは、自分が成長して強くなるのではなく、自分の弱さのうちにキリストの力が全面的におおって、キリストの力が表される強さです。

 

私は自分が求めていた強さとは全く違う強さをここにみます。パウロはキリストを信じて宣教する時に遭う、あらゆる侮辱、軽蔑、迫害で苦しむ弱さの真っ只中で、自分の内に働かれるキリストの強さを経験します。自分の自信ではなく、キリストを求める時におおって下さる、神の力に信頼させていただきたいと切に思います。

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.