金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1101-1150

御言葉メール1138

投稿日:

御言葉メール1138

2022年8月3日

「アテネの人たち。あなたがたは、あらゆる点で宗教心にあつい方々だと、私は見ております。道を通りながら、あなたがたの拝むものをよく見ているうちに、『知られていない神に』と刻まれた祭壇があるのを見つけたからです。そこで、あなたがたが知らずに拝んでいるもの、それを教えてあげましょう。」(使徒の働き17章22-23節)

パウロは第二回伝道旅行でアテネの町を訪れ、町の至るところに偶像があふれているのを見た。
当時のギリシャ社会では、労働は奴隷に任せ、市民は哲学や宗教などについて議論し、日々を過ごしていた(21節)。パウロが語る福音はアテネの人々には奇異で耳新しく、彼らは好奇心からパウロをアレオパゴスの評議所に連れて行った(19-20節)。ここはアテネの町の行政の中枢であり、今日にたとえるなら、国会で演説するようなものである。
教養あるギリシャ人の聴衆を前に、パウロがまず切り出したのが上記の御言葉である。

ギリシャ人と日本人には共通点があるとよく言われる。あらゆる被造物を神格化し、偶像があちこちで見られる点がそうである。
また、よく聞くことであるが、日本の宗教人口を数えると、日本人の総数の倍にもなると言われている。それだけ宗教心にあついとも言える。
だが根本を言えば、人は偶像では満たされないということである。
富国豊穣、無病息災、大願成就、家内安全等々、人は欲望の数だけ偶像を持ち、いくつ持っても満足できず、安心も得られない。
『知られていない神に』と刻まれた祭壇は、ありとあらゆる神々を祀ってもなお、安心できない心の表れである。

パウロはそこを切り口に、天地万物を創られた、唯一の、生けるまことの神を人々に伝えていった。
私たちも、この神おひとりで充分であることを証ししていきたい。

カテゴリー

-1101-1150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.