金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 33

投稿日:

御言葉メール 33
2004年11月24日
「私は昔の日々を思い出し、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたの御手のわざを静かに考えています。」(詩篇143編5節)
今まで自分が歩んできた日々を、振り返って考えてみることは、神様が私達になしてくださった足跡をたどる事です。その当時は見えなかった神様の導きを、しばらく時間をおいてみる事によって、神様が自分に教えようとされた事、
また神様が自分の上になそうとしておられる計画の中の一部である事を、よりはっきり確認できます。更にそれは現在、自分の上に起こるあらゆる事柄の背後にも、神がおられることを思い出させてくれます。
喜びの中にある人は、その喜びだけで終わるのではなく、神に感謝することへと導かれるでしょう。現実に困難に直面したり、次から次と起こってくる問題は、いかにも、私達を圧迫する様にみえても、しかしその背後には主なる神がおられるのです。
そのことを教えられる時、たとえ直面する困難さの中で悩んだり、立ち往生していたとしても、心の深みにおいて、不思議な平安が宿っていることに気ずかされるでしょう。その平安は、現実がどのようであろうと、その中に働かれる神の御手のわざを、静かに考えさせる力です。
「彼らが苦しむときには、いつも主も苦しみ、ご自身の使いが彼らを救った。その愛とあわれみによって主は彼らを贖い、昔からずっと、彼らを背負い、抱いて来られた。」(イザヤ書63章9節)

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.