金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 34

投稿日:

御言葉メール 34
2004年11月27日
こうして、神は人に仰せられた。「見よ。主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。」 (ヨブ記28章28節)
また、子どもが親を殺す、という家庭内殺人が起こった。物質の豊かさ、高学歴化、情報化社会がもたらした根本的な問題は、人間関係の崩壊だったのだろう。その中にドップリはまっている者として、やりきれない思いである。
多くの知識、多くの情報は人間の心を育てることはできなかった。神への恐れと関係した「知恵」のみが、神と人に仕える心を育てる。しかし現代に生きる私達は、神のことばを軽んじ、自分だけが賢くなろうとして、神を恐れることをしない。
その結果は、自分の心に沸いてくる不安、怒り、疑いが行動の基準になってしまった。当然、人の心と身体、生命まで傷つけ、損なう結果を生み出してしまう。何という事だろうか。恐れるものを持たない、ということは、こういう事なのである。
けれども私達が、心を翻して、神を恐れる真の知恵をみことばの中に求めていくなら、自分の内に沸きあがる、人を傷つける思いから守られ、神と人を愛し、赦す恵みの中に生きることを教えられるはずである。
「恵みとまことによって、咎は贖われる。主を恐れることによって、人は悪を離れる。」(箴言16の6)

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.