金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

501〜550

御言葉メール530

投稿日:

御言葉メール530
2010年5月15日
「これらの災害によって殺されずに残った人々は、その手のわざを悔い改めないで・・・・・見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を拝み続け、その殺人や、魔術や、不品行や、盗みを悔い改めなかった」(黙示録9の20,21)
悔い改めは、人間的にみてひどい状態だからできたり、自分だけの心の中の出来事で誰にも迷惑をかけないからする必要がない、というものではありません。
悔い改めは、自分の思いや行いの大きさに関係なく、神様が与えて下さるからこそできる事です。冒頭のみことばは、どんなひどい状態に陥っていても悔い改めができない人々の姿です。自分を正しいとする思いと自分に反対する者を抹殺せずにはおかない、自分を中心にした人間の姿ではないでしょうか。私自身、一つ一つ自分の思いを考えてみると、嫌になるほどの身勝手さと自分中心の者です。
イエス様の自分を犠牲にする愛と何と程遠い者でしょう。しかしどんなみじめな自分でも、悔い改める時、イエス様の赦しは問題の全領域に及ぶ事がわかるのは何と幸いなことか。悔い改めようと私達が願うなら、その思いを与えられているのは、主なる神です。

カテゴリー

-501〜550

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.