金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

551〜600

御言葉メール590

投稿日:

御言葉メール590

2011年7月16日

「御子を信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子の御名を信じなかったので、すでにさばかれている。」(ヨハネ3の18)

暑い夏、怪談などで背筋をぞーっとさせる方もおられるかもしれません。罰、たたり、呪いは人間の行いと関係して、人の心の悪を暴きます。

人の行いと関係していると、日常生活の中でも、大変な目にあったり困った事や苦しい事があったりすると、何かの罰かたたりではないかと考えてしまいやすい。全ての人は罪を持ち、その行いは悪に満ちている、と神様は言われる。神様はその罪を必ず裁かれます。しかし罪を憎まれる神は同時に愛の神です。罪を持つ人間を裁かないために、神なるイエスキリストご自身が裁きを受けてくださった。このキリストの身代わりを信じる時、私達の行いや思いと関係なく、決して裁かれる事はありません。

どれほどの困難があっても、苦しみが次から次と襲い掛かっても、それは罰でもたたりでもない。神様の素晴らしさが表れるためです。裁きというのは、イエスキリストを信じれない事です。豊かさや素晴らしい行いができても、キリストを信じない人は既に裁かれています。

カテゴリー

-551〜600

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.