金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

651-700

御言葉メール665

投稿日:

御言葉メール665

2013年1月19日

「信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。」(ローマ5の1)

平和、平安という言葉に私たちは何を思うのでしょうか。争いが無い、心が穏やか等のイメージだと思います。残念ながら、人間の歴史と今、私達が生きている現実は平和から程遠い。それは歴史を造り続ける人間一人一人に、平安が無い事を教えるものではないでしょうか。

しかし、パウロは神との平和を持っているという。どういう事でしょうか。神とパウロ自身の間に平和がある、というのです。それは神なるイエスキリストによって自分の罪が赦され、神とパウロの親しい交わりが回復した事でした。神との平和は、私達に何をもたらすのでしょう。ある学校の教師をされている方が、仕事上いろいろな話し合いをする時、自分を一番低い立場に置いて話すと、話し合いがスムーズにいく、と言われました。

神との平和は、自分中心の罪からくる高慢の罪を示され、悔い改める恵みをもたらします。この恵みが、私達自身を内側から謙る者に変えていく時、先の教師の方の様に、自分を一番低い立場におけばいいのだと気付かされるのでしょう。この様に気付かされる者を通して、平和と平安が広がっていくのだと私は確信しています。

カテゴリー

-651-700

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.