金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

801-850

御言葉メール837

投稿日:

御言葉メール837

2016年6月25日(記:斎藤文子)

「したがって、事は人間の願いや努力によるのではなく、あわれんでくださる神によるのです。」(ローマ9の16)

私達は日々、自分の置かれた場所があります。会社員、主婦、学生、子供、また病や障がいの中で生きる事等。それは病や障がいなど、望まないのに一方的に与えられたものや、自分で選択したり努力して今の生活がある場合、また自分の願いとは違う歩みをしている場合もあるでしょう。

いずれにしても神を知る人生の中で、その理由はわからなかったり、感情的には辛さや後悔、現実的な生きづらさが常にあったとしても、全ては神による、と告白できる人生は、恵みと哀れみの神を見いださないではおれないでしょう。神の預言者エリシャの墓に亡くなった人を投げ込み、その遺体がエリシャの骨に触れた時その遺体が生き返った、という記事があります。エリシャは生きていた時、人々の必要を通して奇跡を行いました。そして死んだエリシャの骨を通してさえ奇跡が起きた。

これは生きていた時のエリシャの働きが、エリシャ自身の願いや努力によるものでなく、全く神によるものであると教えている様に思われます。神は生きているエリシャも死んだエリシャの骨さえも用いる事ができる。今の生活を私達がどの様に感じていようと、哀れみ深い神の御手の最善の中にあると理解しているなら、エリシャを用いられた神を崇める者になっているのです。

カテゴリー

-801-850

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.