金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール866

投稿日:

御言葉メール866

2017年1月14日(記:辻嵐桂子)

「パリサイ人は、立って、心の中でこんな祈りをした。『神よ。私はほかの人々のようにゆする者、不正な者、姦淫する者でなく、ことにこの取税人のようでないことを、感謝します。私は週に二度断食し、自分の受けるものはみな、その十分の一をささげております。』
ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず、自分の胸をたたいて言った。『神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。』」(ルカの福音書18章11ー13節)

当時のユダヤ教指導者の多くは、律法(というよりは彼らの伝統)を厳守することによって、自分たちは神に受け入れられる、義人であると自負していた。
イエスはそんな彼らに上記のたとえを話し、義と認められたのは取税人の方だと宣言された。

この話は、クリスチャンである私たちにはとてもわかりやすい、納得できるたとえである。自分の罪を認め、赦しを請う者に、神は赦しを与えられるからである。
だが、取税人たちを忌み嫌い、見下していた当時の宗教家たちには、受け入れがたいことであったであろう。

私たちも、自分の功績を誇示したり(少くとも誰かに認めて欲しいものだ)、他人を見下したり、或いは、自分より惨めな人を見つけて「この人よりましだ」と自分に言い聞かせるなら、このパリサイ人と同じである。

私たちの心がいつも人ではなく神に向かうなら、神の御前に誇れるものはなく、ただ赦しを請うのみである。そしてイエス・キリストの贖いの故に、どんな時にも神をあがめるであろう。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.