金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール960

投稿日:

御言葉メール960

2018年12月30日(記:辻嵐桂子)

私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯しませんでしたが、すべての点において、私たちと同じように試みにあわれたのです。(ヘブル人への手紙4章15節)

先週はクリスマスで、神の御子が私たち罪人を救うため、人となって世に来られたことを皆で祝った。

上記の御言葉は、イエス・キリストを私たちの大祭司として紹介する部分のくだりで、これはヘブル書の主要テーマとも言える。
イエスの無罪性と完全な人性は、私たちの贖いが完全なものとなるための不可欠な要素である。
だがここで強調されるのは、人性をとられたが故にキリストは、私たちの弱さに同情する(直訳すると共に苦しむ)ことができるお方であるということである。
事実キリストは、至高の神の在り方を捨て、あらゆる物理的、時間的制限の中に生き、肉体的弱さ(飢えや渇き、疲れ、痛み、死まで)も味わい、友の裏切りや残虐な仕打ち、おおかた人がこの世で経験する苦しみに勝る苦しみをを忍ばれたのである。

私たちには迫害に耐え、信仰に堅く立ち続け、福音を後世に伝えてくれた先人たちがいる。
私たちにも、どのような時にも私たちの弱さに寄り添い、とりなしてくださっている大祭司がいることに思いを馳せたい。

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.