金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール958

投稿日:

御言葉メール958

2018年12月17日(記:辻嵐桂子)

ご覧ください。私は主のはしためです。どうぞ、あたなのおことばどおり、この身になりますように。(ルカの福音書1章38節)

これは、御使いによって受胎告知を受けた時のマリアの応答の言葉である。クリスマスが近づくと必ず語られるところである。
ここでは、マリアの信仰にスポットが当てられる。
なぜなら、当時婚約中の処女が身籠るなどとんでもないことで、婚約は破棄、社会的にも制裁を受ける(律法によれば死刑とされる)ことであったのに、マリアはそれを神の業と信じ、受け入れたのである。

私は、これほど神の前にへりくだることが出来ない。
はしためとは女奴隷のことで、それは主人にどのように扱われても文句の言えない立場である。
マリアとはほど遠く、私などは健康、家族の安全、周囲との平和など自分の願うことばかりを神に求め、それらが少しでも損なわれるとたちまち文句を言ってしまう。

だが神は、こんな私さえもイエス・キリストの贖いによって救って下さり、神の御業(すなわち宣教の働き)を担うべく、教会に加えて下さった。
神の御旨が成りますように。
そして願わくは、神の御旨の成るために、用いられるものがあるのなら、ためらわず、惜しむことなく、喜んで神の御前に差し出すことができますように。

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.