金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール996

投稿日:

御言葉メール996

2019年10月7日(記:辻嵐桂子)

さて、民は主に対して、繰り返し激しく不平を言った。主はこれを聞いて怒りを燃やし、主の火が彼らに向かって燃え上がり、宿営の端をなめ尽くした。(民数記11章1節)

モーセに率いられ、約束の地を目指してエジプトを出発したイスラエルの民は、力ある神のみわざを幾度も経験しながら、困難に遭遇するとすぐに不平を言い、自分たちが奴隷であったことも忘れ、エジプトを懐かしんで神に言い逆らった。

神への呟きは不信仰の表れであった。
上記の御言葉にも見られるように、このような反抗に対しては直接的速やかに神の怒りが表され、さばきが下された。
そして度重なる不信の結果、エジプトを出てきた世代の大半が荒野で死に絶え、新しい世代の者たちが約束の地を踏むこととなったのである(民数記26章64-65節)。

私たちも、イエス・キリストを信じ救いを頂いたはずのに、困難に遭遇したり、期待通りにいかないことがあると、たちまち不平が口から出てしまう。
クリスチャンであることが何か、この世の人に比べ損であるかのように思ってしまう。
まさに荒野の民と同じである。

だが幸いなごとに、私たちは彼らから学ぶことができる。
私たちは迷ったり、疑念を抱くようなことがあったとしても、キリストの愛と赦しの中に生かされ、御言葉によって教えられ、励まされるのである。

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.