金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1044

投稿日:

御言葉メール1044

2020年9月19日(記:辻嵐桂子)


わたしは雲の中に、わたしの虹を立てる。それが、わたしと地との間の契約のしるしである。(創世記9章13節)


地上に人が増えるにつれ、世界は暴虐に満ちていった。罪が入ったからである。
神はそれを一掃すべく、大洪水を計画されたが、ノアだけは神のみこころにかなっていた。
神はノアに命じて方舟を作らせ、ノアとその家族また動物ひとつがいづつを方舟に乗せ、救出された。
雨は四十日間も降り続け、百五十日水が増え続けた。 
地が乾き、ノアたちが方舟を降りるのを許されたのは、洪水から一年も経った後であった。(創世記6-8章参照)

ここから新しい歴史がスタートする。人も動物も再び地に満ちていくのである。
洪水によって罪が一掃されたのではない。人の心は常に悪に傾くことを神はご存知であった(8章21節参照)。
しかし神はノアと契約を結び、再び大洪水によって地が断ち滅ぼされることはないと約束された(9章11節)。
罪の世を繰り返し滅ぼすのではなく、罪を取り除く救いの道を示された。
イエス・キリストへと通じる、贖いによる救済の道である。

今も雨上がりの空に虹を見ることがあるだろう。神の変わることのない愛と憐れみ、たがうことのない契約を思うのである。

 

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.