金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1056

投稿日:

御言葉メール1056

2020年12月14日

 

『今日か明日、これこれの町に行き、そこに一年いて、商売をしてもうけよう』と言っている者たち、よく聞きなさい。あなたがたには、明日のことは分かりません。あなたがたのいのちとは、どのようなものでしょうか。あなたがたは、しばらくの間現れて、それで消えてしまう霧です。(ヤコブの手紙4章13-14節)

自分の富に過信し、これから先何年も安心だ。さあ、食べて、飲んで、楽しめとおごる金持ちに、神おまえのたましいは今夜おまえから取り去られる。と言われた。イエスの喩え話が思い出される(ルカの福音書12章16-21節)。

商売をする人が事業の計画を立て、利潤を追求するのは当たり前であろう。
だがすべてが計画通りにいくわけではない。
実際のところ私たちは、明日何が起こるのかもわからないのだ。
未来が自分の思い通りになると考えるのは人間の傲慢であることを、上記の御言葉は教えている。

すべてのことは創造者なる神のみ手に支配されている。神は目的をもって私たちを導き、ご自身のご計画を実行される。
その神のみこころを無視し、自分の利益だけを求めるのは人間の罪である(15-17節)。

私たちは様々な計画を立て尽力するが、そこに神のみこころを求めるべきである。
神のみ前にへりくだって、神のなさるわさにこそ期待したい。

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.