金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1065

投稿日:

御言葉メール1065

2021年2月14日


「私たちの主イエス・キリストの父である神、あわれみ深い父、あらゆる慰めに満ちた神がほめたたえられますように。神は、どのような苦しみの時にも、私たちを慰めてくださいます。それで私たちも、自分たちが神から受ける慰めによって、あらゆる苦しみの中にある人たちを慰めることができます。」第2コリント1の3,4

私達はバプテスマ訓練会や学び会等で、神がどのような方であるかを教えてもらいます。先ず教理として、自分の信じる神がどういう神なのか知る必要があるのです。その神知識は私達を神との交わりに追いやっていく。


冒頭のパウロも、父なる神があわれみ深く慰めに満ちた方であると、教えられていた知識を身をもって経験した。それはパウロが遭遇した、死を覚悟するほどの危険、ことばで言い表すことができないほどの苦しみの時にさえ、神をほめたたえずにはいられないほどの神の慰めなのです。更にその慰めを通してパウロは、苦しみにあっている人を慰める、という意味を教えられる。


私は苦しい事には会いたくないですが、しかし苦しみを通して初めてわかる事が確かにあります。主が苦しみの中を通らされる時、神の慰めに満たしてくださる、とのパウロの告白は、苦しみを通る通らないという事以上に、神に私達の目を向けさせてくれるのではないでしょうか。

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.