金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1051-1100

御言葉メール1076

投稿日:

御言葉メール1076

2021年5月1日


「あなたがたは正義の種を蒔き、誠実の実を刈り入れ、耕地を開拓せよ。今が主を求める時だ。ついに主は来て、正義の雨をあなたがたの上に降らせる。」(ホセア書10章12節)


「恩を仇で返す」という日本語があるが、イスラエルの主に対する所業は、まさにそのようなものであった(1節、11節、11章1-4節)。
イスラエルには、選ばれたが故に果たすべき責任があった。
ここでは「正義の種を蒔き、誠実の実を刈り入れ、耕地を開拓せよ」とあるが、実際彼らが行ったのは「悪を耕し、不正を刈り取り、偽りの実を食べる」(13節)ことであった。

「雨を降らせる」あるいは「注ぐ(異訳)」という言葉は、本来神の恵みを表す時に用いられる(イザヤ書44章3節、ヨエル書2章23節)。
だがこの書は、イスラエルの罪を告発し、やがて来る審判を宣告している。凄まじい審判が、今まさに執行されようとしていた(14-15節)。

それでも上記の御言葉は、真摯に国民に悔い改めを求めているのであろう。
「今が主を求める時だ。」
悔い改めて神の命令に従うなら、神の恵みは惜しみなく降り注がれるのである。

私たちはここから何を学び、この御言葉をどう適用することができるだろうか?

 

 

カテゴリー

-1051-1100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.